デパスとは

depas_0.5mm
デパスとは、不安や緊張を和らげる抗不安薬です。
日常生活の中で、極度の緊張や不安から不眠や頭痛など生活に支障がでるような症状を緩和するために使われる場合が多いです。
何気ない生活の中でも、実は心や脳に負担をかけていることがあります。
抗不安薬と言われると少し抵抗のある薬の種類かもしれませんが、実は一般的な生活でも密接に関わっているものです。
普段と同じ生活をしていても人は常に考える生き物なので、悩みや不安を常に抱えながらいきています。
それが長期的になると徐々に全身に症状が現れ始めます。
心に関する症状は日常生活と密接に関係しているため、抗不安薬は身近なものと考えても良いでしょう。

効果

抗不安薬のデパスには、
・抗不安作用
・催眠作用
・筋弛緩作用
・抗けいれん作用
などの効果があります。
デパスは抗不安薬の中でも、抗不安作用が強い薬に分類されます。
抗不安作用は、不安感や緊張感、焦燥感などを緩和して眠りを良くする作用です。
デパスは作用が多くあるので、心療内科のみならず内科や整形外科など幅広い場所で処方されるような万能薬でもあります。
しかし、効果が強い分依存性の高い薬でもあるので使用する際は、注意が必要です。

副作用

デパスは抗不安薬の中でも効果が強い薬なので、依存性が高い薬でもあります。
そのため、長く使用しているとデパスなしでは生活できない体になってしまう可能性があります。
抗不安薬は症状を自然緩和するためのきっかけを作るための薬なので、薬を頼ってしまっては意味がありません。
また、長期的に服用するとなると体に耐性ができてくるので、服用量が増加していくことがあります。
その結果、副作用も多く現れるようになり体のための薬が毒になってしまいます。
デパスを服用する際は、慎重に使用するようにしましょう。

まとめ

デパスはべンゾジアゼピン系に分類される抗不安薬です。
様々な効果効能があるため、心療内科以外の科でも幅広く使われる万能薬です。
しかし、効果が強い薬なのでその分依存性など副作用も強く現れる抗不安薬でもあります。
特に、抗不安作用の効き目が強く、長期的に服用し続けると薬なしでは生活できないような薬物依存に陥る可能性も十分にあります。
そのため、デパスを使用する際は慎重にならなければなりません。
抗不安薬などの薬は、睡眠障害などの症状に対して自然に改善するための足がけとなるきっかけを作るためのものなので、薬に頼らないほどに服用するようにしましょう。

>>デパスを通販で買うならこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする