お薬事典 みんなの薬局

リパンチル

高脂血症の治療薬
製薬会社:グレラン

みんなの薬局>製品名>リパンチル

成分名

作用

コレステロールについては、肝臓で合成、異化(破壊)、排泄を促進し、トリグリセライドについては、その代謝酵素(LPL)の働きを高めて代謝を進めたり、肝臓での合成を抑制することにより、高コレステロール血症ならびに高トリグリセライド血症などの高脂血症を改善する。

副作用

胃部の不快感、皮膚発疹などだが、まれに強い筋肉痛とともに強い腎障害を伴う、横紋筋融解症や、膵炎といった重い副作用もある。とくに肝・腎機能障害のある人では注意が必要である。また、高齢者では副作用が起こりやすく、妊娠中、授乳中の婦人、小児には安全性が確かめられていない。ほかの薬の併用により、障害を来すこともある。とくにHNG−CoA還元酵素阻害薬(プラバスタチンなど)との併用時には、筋肉障害に注意する。経口糖尿病薬のスルホニル尿素薬との併用では、スルホニル尿素系薬剤の作用が強くなり、低血糖症を来すことがある。

用法・注意点

カプセルで1日1回、食後に服用する。高コレステロール血症と高トリグリセライド血症を合併したときに比べ、どちらか一方の場合には、量を少なくする。用量、用い方は年令、症状により変えられるので注意する。薬を服用するだけでなく、食事療法、運動療法、体重のコントロールなど、生活上の注意もよく守らないと十分な効果は得られない。

類似製品