お薬事典 みんなの薬局

ナボール

消炎・鎮痛・解熱剤
製薬会社:久光

みんなの薬局>製品名>ナボール

成分名

作用

炎症による局所の痛みをやわらげ、腫れをとる。とくに痛みを抑える作用が強いことを特徴とする。また、内服と坐薬は解熱にも用いられる。炎症を起こしている原因は治せないがそれに伴う症状を軽くして治癒を助ける。点眼以外は腰痛、頸肩腕痛、慢性関節リウマチなどの関節痛に用いられる。内服と坐薬は解熱や手術後の鎮痛・消炎に、さらに内服は神経痛や抜歯後の鎮痛消炎にも用いられる。点眼は眼手術後の炎症止めにも用いられる。ゲル剤は塗布により吸収されて局所の急性炎症に鎮痛作用を示す。鎮痛作用はインドメタシンゲルと同程度(動物実験)といわれる。

副作用

内服と坐薬では発疹などの過敏症状、吐き気、胃痛などがある。連用すると、中毒を起こしやすい傾向がある。まれに各種の腎障害(ネフローゼ症候群を含む)、重篤なアレルギー反応として、ショックや間質性肺炎がある。また、急性脳症(けいれん、意識障害)や重い肝機能障害があるので、定期的な肝機能検査が望まれる。過敏な人ではまれに気管支喘息を起こすこともある。ゲルでは塗布局所の皮膚炎、かゆみ、発赤、皮膚のあれ、刺激感などである。目薬では目に軽い刺激を感じたり、まれに角膜に異常が起こることがある。インフルエンザの経過中に内服や坐薬を使用したときに脳炎を来したという報告があり、注意を要する。妊娠中、授乳中の婦人には避ける。

用法・注意点

内服剤は、なるべく胃を荒らさないように食後か、何か少し食べた後に服用する。また、食道につかえると、粘膜を傷つけることがあるので、多めの水(コップ一杯くらい)で服用する。胃の副作用が出やすい場合は坐薬が用いられる。ゲル剤は適量を1日数回患部に塗布、テープ剤は1日1回患部に貼付する。

類似製品